底地

不動産用語「底地」をご存知ですか?

皆さんは「底地(そこち)」という言葉を聞いたことはありますか?この言葉は不動産用語なのですが、おそらく聞いたことがない方がほとんどだと思います。今、この底地が安定した収入を得ることのできる投資の一つとして大変注目されているのです。知っておいて損はない言葉なので、ぜひこの機会に覚えていただきたいです。
まず底地というのは、借地権のついた土地を所有する権利のことをいいます。しかしこれだけでは何のことかさっぱりだと思いますので順を追って説明していきます。
借地権とは、第三者(地主)の土地をお金を払って借りる権利のことです。土地を借りた人間は毎月地代を払う代わりにその土地に自分の建物を建てることができます。つまりもともとの所有者(地主)がこの土地に対してもっている所有権を「底地」という訳です。
底地は投資に向いているのか?まず単純に地主には毎月地代という一定の収入が入ってきます。自身で建物を建てて人に貸すよりも部屋が売れ残るリスクも無く、また、維持・補修費用などもかからずコストを抑えることができます。また、もし地代の滞納があった場合でも土地の返還を求めることができるのでそういった意味でもリスクの少ない投資といえるでしょう。今投資を考えている方、将来的に投資を考えている方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

「底地」の売買について

「底地」をご存知でしょうか。「そこち」と読みます。不動産業界でよく使われることの多い用語で、借地権の付いた宅地の所有権のことを言います。建物等の無い、更地の状態のものは自由に使ったり転売できたりできますが(完全所有権)、「底地」は借地権を持っている人から制約を受けたり、第三者に売却したりすることができません。よって、「不完全所有権」とも呼ばれます。更地の時価から借地権価格を差し引いた価格が「底地」の価格となります。
「底地」所有者は地主と言われ、所有はしているけれども地代徴収権しか有してなく、そして現代では地周りも低く、また借地人には借地権価額があるため、地主が自分のために使用としても正当な理由がなければそれができないから、メリットは低いといわれます。
そのためか、最近、地主は相続とかの時に底地を借地人への売り、底地と借地権の同時売却、底地と借地権の権利変換等をして、賃貸借中の不利なデメリットを回復しようとしていることが多いようです。それを行うには、単独では売買価格の把握がしにくいので、その道の専門的な知識を持った、不動産鑑定士のアドバイスと時価評価をしてもらうことが重要だと言われています。底地を第三者に売却する場合と、底地を借地権者に売却する場合の価額は大きく異なることが多いようです。

底地所有者の問題点

底地を所有しているとさまざまな問題に直面します。
まず更新料の問題です。借地権者が底地の所有者に更新料を支払うケースでは、その支払いの拒否や、更新料が高すぎるためそもそも支払えないと言ったケースがあります。仮に100万円の更新料で、20年間の更新期間だったとすると、借地権者はいきなり100万円もの退大金を支払うことになりますから、大変と言えば大変です。底地所有者とすればあてにした収入が減るため、困ったことになります。こうしたトラブルを避けるコツとしては、地代に更新料を分割して上乗せしていくという方法です。更新料÷更新までの年数÷12か月と言った形で毎月按分していけば、数千円の支払いになるので十分に支払うことができるはずです。
また地代の滞納というケースも多くなっています。地代は毎月支払いが発生する借地権者の義務になりますが、この地代の未払いを理由に底地所有者は借地権の解除を行うことができます。ただ、滞納してから半年以降、滞納期間内に催告を借地権者に送っておかなければなりません。
建て替えに際してもトラブルになるケースもあります。借地権者が建物を建て替える場合、契約書の内容に基づいて判断しなくてはなりません。土地賃貸借契約書の中に建て替え及び増改築の禁止に関する条文が入っていれば、借地権者は勝手に建て替えて、増改築することはできません。


最近の投資では底地が人気となっています。やはりどんな時代でも土地をもつというのは大きな利益につながるのですが、そのなかでも底地はいまいちばんのおすすめです。底地で投資をしてみようという方は、成功の確率は高いといえますので挑戦してみてください。

底地のデメリット

底地には安定した地代収入や一時金などの収入を得るチャンスや、建物などのメンテナンス費用が掛からないといったメリットがあります。一方で底地にはデメリットも潜んでいます。デメリット一つ目はリターンが少ない。底地には建物を建てるといった初期費用や、建物の管理コストなどがありません。そのためアパートやマンション賃貸などと比べると賃料収入が下がります。ローリスク、ローリターンという言い方がわか…

More Details

底地の更新料とは

底地の所有者と借地権者との間には、土地賃貸借契約書で締結された契約関係が存在します。その契約書の中に、更新料の支払いが明記されている場合、あるいは更新料に関する記載がなかったとしても、支払いの合意と、過去に支払った実績があれば、借地権者は更新料の支払い義務を負います。法律的には、借地権者は所有者に更新料を払わなくてはならないとは記載がありませんが、借地権者の多くはこれを支払っているといわれて…

More Details

Update Posts

底地と地代・更新料

底地の所有者=地主には、建物の所有者=借地人に対して地代を請求できます。土地の地代は、その土地の利用状況また地域によって相場が異なってきます。ただその目安として、土地の固定資産税、都市計画税の3倍程度と言われていますが、地代の計算方法に基づいて決められることもあります。計算法1.差額配分。差額配分とは、今の地代や家賃と新しい地代、家賃との差額を契約の内容、契約締結の経緯などを考慮して…

More Details

底地で大変なところ

不動産というのはもっていれば基本的にメリットがあります。もちろん、色々と固定費があることではあるのですが、それでも何かと役に立つことがあるでしょう。この不動産に権利が色々とあります。それは所有権と呼ばれるものではあるのですが、その中にもいくつかに分裂されることがあります。それこそが底地になります。これは借地権がついている不動産のこと、或いはそこの権利などを指します。借地権というのはそ…

More Details

TOP